グローの新型はコンビニ限定って本当?新型の値段は幾らくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンビニのイラスト

グローの新型は限定が人気で大手コンビニごとにカラーが限定されているモデルに人気が有ります。

セブンイレブンはレッド、ローソンはパープルそしてファミリーマートはグーリーンで好きなカラーで購入出来るコンビニが変わってきます。

値段は3,980円でこれは限定グローと同じですが、それぞれ販売数量が決まられていますので、好きなカラーが有る方は早めに購入することをお勧め致します。

コンビニに行った時に新型グローのポップが有れば購入出来ます。

グローの新型はコンビニ限定?

グローの新型は、何もコンビニだけでしか取り扱われていないわけではありません。ただしコンビニ限定モデルがあるのも事実ですので、特定のカラーに関してはコンビニ以外では購入できないものと想像しておくべきです。

カラーリングが違うというだけで、コンビニではなくインターネット通販サイトなどを経由して購入したグローの新型の性能が、コンビニで販売されているものに比べて劣るなどということはないので安心していいと言えます。

コンビニの大手三社で販売している新型グローは、単純に他では買えない色合いをしているというだけであり、内部構造などはどこの小売店で買っても完全に一緒なのだと捉えておいて構わないからです。

グローの新型を取り扱っている小売店の中では、コンビニ以外なら大手インターネット通販サイトを経由して購入するのが楽だと言われています。

大幅な割引が受けられるわけではありませんが、単純に購入しやすく自宅や職場など指定した届け先への郵送も迅速だからです。

他にもグローの公式ストアなら、コンビニ限定カラーのモデルは売られていませんが、ネット通販などを経由して購入できるグローの大半が売りに出されております。目視でグローを確認してから買いたいときなどに便利です。

グローの新型は値段が高い?

グローの新型は見た目がスタイリッシュで、とにかく格好良いことから男性の間で人気となっています。ブラックの都会的なデザインなので、持っているだけでも人目を引くことができる新世代の電子タバコです。

新型の場合はキャンペーンが適応されることもあり、通常の半額ほどで購入することが可能です。ただ、旧型のグローに比べると多少値段が高くなっていることは否めません。

性能が良くなったのかと思いきや、旧型と新型に大きな違いはなくてデザインのみの変更となっているようです。それでも、格好良いデザインになったことで持ち歩いたり使う楽しみが増えたとえいるのではないでしょうか?

サイズも小型化されて持ち運びに便利になり、さらには汚れが目立ちにくくなった点が特筆すべき点です。新型のグローは、本体に差し込んで喫煙するタイプのものなので、連続して喫煙することが出来る点が大きな改良点であると言えます。

新型のグローは、ヘビースモーカーの方にとってはありがたい構造となっているようです。連続で吸うことが出来ることから、吸うたびに充電が必要な他のメーカーのものに比べて、格段に使い勝手が良くなったとユーザーの間でも評判となっているのです。

グロー新型は故障が多い?

他の電子タバコメーカーと比べると故障しにくいと言われているグローの新型であっても、故障をすると吸えなくなってしまうので、ヘビースモーカーの方にとってはかなりストレスになってしまうものです。

ただ、グローの新型の場合、故障の状態をランプの点滅でわかりやすく改良されているので、ランプの点滅の状態を見れば、故障をしているのかどうかを判断することが出来るようになっています。

例えば、ランプが左右に点滅している場合、加熱を再開することができない状態を表しています。この状態のときには吸引をすることができないです。

次に、充電ランプが全灯しているときには、同じく故障の状態に合ってグローが充電されずに電源が入らない状態になっています。

この状態のときには、内情バッテリーの温度が許容を超えていたり、それ以下の状態にあるので、電源が入らないように作動していることが考えられるのです。

充電ランプの半分または左半分が点灯する場合、内臓のバッテリーの温度が高音になっていることを表しています。こうなるとグローの使用ができなくなります。このように、新型のグローでは充電ランプの点滅により故障の原因を判断することが出来るのです。

グローの新型の機能とは?

2016年12月に発売開始された加熱式電子タバコのグローは、後発ながら豊富なフレーバーで多くの利用者から支持を得ています。

シンプルな動作をテーマとしているため、バッテリーと加熱システムが一体化したデバイスになっていることが特徴です。発売以来いくつかのバージョンがありますが、現在は新型のG004と呼ばれるモデルがメインになっています。

新型のバージョンアップ機能として特筆すべきことは、旧型G003モデルと比較して本体内の構造を改良してスティックとヒーターの設置面積を拡大し加熱時間が30秒増やしたこと、LEDランプのエラー表示パターンを変更したことです。

さらにスティックの差込口の爪を増やしたことにより、今まで抜けやすかったスティックがしっかりと固定されるようになったことが挙げられます。

これらの機能面での改善に加えて、充電器やケーブルなどのアクセサリーが黒から白にカラーが変更されたことと、アクセサリーにロゴが印字されるようになったことなどの見た目の変更も加わりました。

このように新型になったことで見た目にプレミアム感が出たことと使いやすさが向上しましたが、グロー本体の大きさには変化はなく、従来と変わらない使いやすさとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*