グローを美味しく吸う方法は小まめな掃除?掃除しないと不味くなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
綿棒

グローは電子タバコなので繰り返し使用出来るのが良い所ですが、逆に汚れや臭いが徐々に蓄積されていき味が不味いと感じたりする問題が発生してくるので、加熱部分等を適切に掃除する事でグローを美味しく吸う方法を実現出来ます。

グローは構造的にも掃除がしやすい作りになっていますし、アルコールを少し利用して掃除をしていくと汚れが取れやすく尚且つ消臭の役割をアルコールが果たしてくれるので、吸う時に余計な臭いを感じずにフレーバーの味を楽しむ事が出来ます。

グローを美味しく吸う方法は掃除?

グローは本体にスティックを挿して使うので、内部に汚れが溜まりやすくなっています。汚れがこびりつくと、やはりきれいな状態で吸った時よりも風味が落ちてしまうはずです。

そのため頻繁に使うなら、こまめに掃除をすることが美味しく吸うポイントです。一箱を吸い終わったら専用のクリーナーで掃除するよう、グローのメーカーも推奨しています。

また、グローを美味しく吸う方法は他にもあります。それは、「一度吸ったら次は少し時間を置く」ことです。グローは、内部の熱で温められた蒸気を吸って楽しむタバコです。

そのため何度も連続で吸うと、蒸気の温まる暇がなく、味や香りを十分に楽しめません。数秒でもOKなので、一度吸ったら少し待ってみてください。

スティックを「深くくわえる」のも、美味しく吸う方法の一つです。蒸気を逃さず吸い込むことで、味や香りを薄めることなく味わうことができます。

それに関連して、スティックは本体にあまり深く差し込み過ぎないように気を付けましょう。くわえ方が浅くなりますし、加熱ムラが出て香りが立ちにくくなってしまいます。

スティックにはたいていラインが入っていると思われるので、それを差し込む深さの目安にしてください。

グローの掃除の仕方は?

2016年に発売された加熱式タバコのグローは、フル充電でおよそ30本吸える大容量バッテリーを搭載しているので、ヘビースモーカーに人気のモデルです。グローを美味しく吸う方法のひとつに、定期的な掃除があります。

購入した際に付属している専用のクリーニングブラシで掃除しますが、正しい掃除の仕方は、グロー本体の上蓋と底面のフラップを開けて、ブラシをクルクル回しながら丁寧にブラッシングします。

約20本ごとに掃除をすることがポイントで、これを怠ると味が悪くなることに加えて、ヤニがこびり付いてしまうため定期的に行うことが大切です。

なお、汚れが服に付いてしまうことがありますので、汚れても良い服装をしてティッシュなどを下に敷いた上で掃除するようにしましょう。

更に、底面の穴にティッシュを詰めた状態でブラッシングした穴に息を吹き込むと、ブラッシングだけでは取りきれない隙間に入り込んでしまったヤニも取り除くことができます。

公式にはブラッシングのみ記載されていますが、ヤニ汚れは水分と混ざった液体であるため、息を吹き込むことによってこびり付く前の汚れも取れるようになります。なお、綿棒などを使うと故障に繋がることがあるため、使用しないようにすることが大切です。

グローの掃除はアルコールを使う?

グローを美味しく吸う方法の一つが、グロー本体の掃除を定期的に行う事です。本体の掃除を怠っていると知らず知らずのうちに汚れが溜まっていきますので、おいしく吸えなくなってしまいます。

毎日掃除をする必要はありませんが、一定の期間が過ぎたら掃除をするようにしておく方がいいでしょう。掃除方法はブラシを使用して行いますが、ヒーターを使用してから5分以上間を空けてから行わなくてはなりません。

ヒーターを使用してすぐに掃除をしてしまうとやけどをする恐れがある為、5分以上空けておく方が安心です。ブラシは上からだけではなく下からも入れることが出来ますので、両方から掃除をするようにしておけば、より一層綺麗に掃除をすることが出来ます。

掃除の際にはアルコールを使用したほうがいいのかという事になりますが、洗剤などを使用した場合は綺麗に拭きとらなくてはなりません。

洗剤を綺麗に拭きとる為にも、仕上げにアルコールを使用するようにしておくとより綺麗な状態にすることが出来るので、最後の仕上げで使用するようにしておくといいでしょう。

綿棒などを使用する場合は、本体内部に繊維が残らないように気をつけなくてはなりませんので、慎重に扱う事です。

グローのおすすめ掃除方法は?

現在販売されている加熱式タバコはグローを含めて3種類あります。それぞれに性能やフレーバーの種類など特徴がありますが、グローが支持されている理由の一つに、メンテナンスを自分でしやすい点が高く評価されているのです。

他の加熱式タバコに比べてもフレーバーが甘くライト層向けの特徴がありますが、やはり2~3箱以上吸った後では機械の中が汚れてくるため、どうしてもフレーバーが苦くなり不味く感じてしまう方が多いです。

苦味が強く出てしまう原因はグローを加熱した際に出るヤニが本体の底と縁に付着してしまうことで、加熱するたびに一緒に焼けてしまうことが原因です。

そこでグローを美味しく吸う方法としては、専用のクリーニングブラシを利用して、内部に付着しているヤニ汚れを綺麗に除去することが大切になります。

ブラシだけでは汚れは綺麗に落とせないので、クリーニングブラシでタバコのカスを取り除き、ヤニ汚れは綿棒で丁寧に擦ると綺麗にすることが可能です。

念入りにケアをしたい場合は、市販されているクリーニング液を綿棒に2~3回ほどプッシュして、上下両方の穴に入れて側面に付着している汚れを落とせば、こべり付いた汚れはほぼ全て綺麗にすることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*