other

グローを安く買う方法は何がある?ストアで買うのは面倒って本当?

グローを安く買う方法としてインターネットを利用して購入すると言う方法があり、サイトによってはポイントが付いたり他より安く購入することが出来るのでとても便利です。

ストアでも買うことが出来るので直ぐに手に入れたい人にとっては大変助かりますが、売り切れの場合もありその時には少し面倒です。

ですのでグローを確実に手に入れたいと思ったらインターネットを利用するにしろストアで買うにしろ、しっかりと予約を取るようにした方が良いです。

グローを安く買う方法は?

グローを安く買う方法として、やはり公式ストアが一番おすすめです。最安値で購入可能ですが買いたい人が多数いると品薄になるので先に販売店の在庫状況を調べておくと安心です。

キャッシュバックを利用すればかなり安く買うことが出来ます。ただ、ストアだと予約が面倒臭いことや急に店にいっても買うことが出来きず予約が必要で、土日だと早めに埋まりやすいです。

スケジュール日程を空けるのは難しいときにはあまり向いてないかもしれません。また、公式サイトだと送料が別にかかります。特に沖縄などの離れ島だと高額な送料がかかるので逆に高くなるかもしれません。

ちなみに、アマゾンだとプライムになれば送料も無料になります。ただ、プライム会員費はかかります。1ヶ月の無料体験もあっていつでも解約が可能です。

気軽に買うならコンビニが最適で、実は値段は統一されてません。例えば、中には高額な値段で販売されていることもあります。また、在庫が見つからないこともあって、これは1店舗の入荷数が少なく購入者が多数いると即完売します。

手持ちのお金に余裕がない時に、使える裏ワザとしてたまっているポイントを使って割安にすることです。ポイントはお金として使用可能なので便利で、気が付いた時にかなり貯まっていることも珍しくないです。

グローは公式ストアで買うと面倒?

グローを安く買う方法は、コンビニではなくインターネット通販サイトを利用することだとされています。

コンビニではどの店舗であってもグローを定価でしか販売されておらず、一方で多くのインターネット通販サイトはある程度定価から割り引かれた価格で販売されているからです。

グローは大手ECサイトを経由してでも購入できるようになっていますが、グローの開発を行っている公式メーカーが管理運営しているグローストアという通販サイトからも、クレジットカード情報の入力などが必要になりますが買えるようになっています。

しかし利便性で言えば大手ECサイトのほうが圧倒的に上なので、好みのモデルをグローストアで買いたいと希望しても多少の面倒さに直面してしまう可能性が少なくありません。

商品は注文したものが指定の場所に正確に届くため信頼性は十分にあるのですが、国内最大手のインターネット通販サイトなどに比べると使い勝手は劣るものと想像しておくべきです。

またグローストアでは新品の販売だけでなく、インターネットを経由する形で注文できる修理依頼を出すことが可能です。この点は大手ECサイトにはない部分なので、修理を希望する方はグローストアを使うといいでしょう。

グローの公式ストアは全国にある?

今や世間はどこも禁煙というのがスタンダートとなり、喫煙者にとっては吸いづらい世の中となりました。そんな背景もあり、数年前から人気が急上昇しているのが加熱式タバコです。

燃やさないので煙が出ることもなく、周りの人に迷惑をかけることもありません。中でもグローは洗練されたデザインとコンパクトなサイズで人気を呼んでいます。

グローを購入する方法は3つあるということを先ずは覚えておいてください。グローストアで購入するか販売取扱店で買うか、オンラインストアを利用するかの3つです。

しかし、グローの公式ストアは全国にあるというわけではないので注意が必要です。公式ストアは、仙台、東京の青山、大阪の梅田等の数店となります。

グローを安く買う方法は、公式ストアのキャンペーンが狙い目ですが、わざわざ行かなくても定価よりも安く購入することは可能なので心配は無用です。

例えばオンラインストアの送料が無料のところを利用したり、提携しているコンビニで割引きクーポンが使えるかどうかをチェックしてみてください。

また、Tポイントを利用するという方法も考えられます。グローを安く買う方法の第一歩は、事前にたくさんの情報を仕入れることだと言えるでしょう。

グローの公式ストアは海外にもある?

加熱式タバコのグローを安く買う方法は海外ストアを利用する方法が有効です。公式ストアは海外に設置されており、日本人も利用することが多いです。

特にこの製品を含めは海外では加熱式タバコのあまり人気があまりなく、近年の喫煙所の撤去などが原因で、利用者が少なくなっています。

海外のストアでは日本とは違って値下げされて販売されていることが多いので、更に安く購入できる免税店で購入すれば日本よりも手頃な価格で加熱式タバコを手に入れることが出来ます。

価格は日本円で2000円から3000円程度になっていることが殆どで、日本で購入するよりも比較的安価と言えるでしょう。ただし、大量に購入してしまうと関税がかかってしまうこともあるので、免税店での購入以外は推奨されません。

グローを安く買う方法は他にもあり、公式のおためしキャンペーンを利用する方法が良いでしょう。公式のクーポンを利用して安価に購入する以外にも、古い製品を下取りに出して割引してもらうサービスも有効です。

こうすることによって980円程度で手に入れることも出来ます。コンビニでは限定のカラーも用意されており、期間限定のキャンペーンなので早めに購入したほうが良いです。

電子タバコのグローはコンビニだと割引やクーポンがあるって本当?

電子タバコのグローは提携しているコンビニであれば、キャンペーン中割引しているところもありますが、していないところもあります。

対象店舗は自分で見つけるしかありません。また店舗ごとに値段設定を任せているため、お店ごとに値段が違うこともあります。割引価格で購入する場合、クーポンの発行は必要ありません。

しかしコンビニで購入する場合は、キャッシュバックの申請をする必要があります。グローのメンバー登録を行い、本体購入後に専用コードの入力をして製品登録をします。

その後メールが届けば完了で、銀行へキャッシュバック代金を振り込んでもらえます。そのため割引券やクーポンは存在しません。

グローを買うならコンビニが良い?

電子タバコといえば、日本ではアイコスやブルームテックなどの知名度が高い傾向にあります。

そんな二強電子タバコに新たに名前が加わろうとしているのがグローで、グローは紙タバコに近い自然な味わいが魅力的です。

アイコスなどと比較してバッテリーと加熱システムが一体化しているのでチャージ時間も必要なく、40秒の加熱時間さえ待てば連続で吸うことが可能というメリットも存在しています。

そんなグローですが、購入するためには公式オンラインショップをはじめとして、正規店やたばこ取り扱い店、コンビエンスストアーなどで購入することが可能です。

これらの中でも、一番身近かつ手軽に即効で購入できる場所といえば、やはりコンビニです。

コンビニならば正規店が近くになくても問題ありませんし、オンラインショップと違って送料もかからずにその場で入手できるというメリットがあります。

ただしそれゆえにコンビニでの購入は人気も大変高いため、すぐに品切れになるケースも多発しています。なので見つけた場合は、即買いしておくことをお勧めします。

そんなコンビニ購入のメリットとしては、他にもコンビニ限定カラーが存在していたり、時期によっては価格も変動し、キャンペーン時期を上手に利用すれば、通常よりもお安い価格で購入することも可能です。

グローはコンビニだと割引やクーポンがある?

グローは電子タバコの代名詞的な存在です。国内でもユーザーが近年増えてきました。何かと愛煙家の方には厳しい時代、普通のタバコを卒業してグローのような電子タバコに移行しよう、と内心考えている方々も多いはずです。

グローはコンビニでも販売されており、その姿を普段から見かける方々も大勢いらっしゃるかもしれません。コンビニに並ぶ商品は、お得なクーポンで割引価格で買えることが多いです。

炭酸飲料やお弁当やから揚げなど、過去にお得なクーポンで割引価格でゲットした方は多い事でしょう。一方でコンビニは専門店とは違い、割引制度がそもそもない製品も珍しくはありません。

例えば、コンビニのプライベートブランドのお茶やお弁当などは頻繁に値引きされたり、ポイント還元のキャンペーンクーポンが配布される一方で、雑誌やギフト券などは対象外となっています。

残念ながらグローを含む電子タバコも、割引クーポンがコンビニの方から配布されるケースは無く、大手チェーンでグローを割引価格で店頭で買うのは難しいです。

本体自体が割引されなくても、コンビニならお得な電子マネーやクレジットカードが使えるので、それらの方法で決済をすればカードの方でポイント還元が受けられてお得となります。

グローのクーポンは何処で手に入る?

電子タバコの一種としてグローも定着しており、そのキットを購入する場合には何処で購入するかは重要です。

一般的に電子タバコのキットを割引で購入する場合には、クーポンが発行され、それを取り扱い店に持参して店頭で提示などをすることで割安で購入できる仕組みがあります。

もっともグローに関しては、2019年5月の時点ではクーポンを発行する必要がないのが事実です。つまりクーポンはないですが、キャンペーン価格で購入できるようになっている点に注意を要します。

グローの入手先は、コンビニなどの提携店か公式販売店での入手に限られますが、まず公式販売店は定価より2,000円オフの価格で購入することが可能です。つまりキャンペーン価格で入手することができるようになっています。

一方、コンビニなどの提携店の場合はキャンペーン割引を適用していない場合もあり、対応がまちまちです。2,000円オフのキャンペーンが適用されないケースが存在し、定価で購入しなければならない場合があるので注意が必要になります。

もっとも申請すると3,000円のキャッシュバックを受けることができ、その場合は申請手続きを行うことでキャッシュバックされます。

その場合にはパッケージに記載されているTRCコードを入力する必要があり、公式サイトでメンバー・製品登録を行い、メールを受け取ることで可能です。

グローのクーポンは1人何回まで使える?

グローは定価で8000円しますが、クーポンを組み合わせて購入することで2980円程度で購入することができるようになります。ただし、グローのクーポンは店舗によって大きく異なる点に注意しましょう。

店舗によってはクーポン価格で利用できないこともあります。またグローは加熱式タバコなので通常の電子タバコとは異なっていて、ニコチンやタールなどを含むことからたばこ税が課税される点にも注意したほうが良いです。

電子タバコなどと違って本体のみ安くなっていますが、カートリッジは安くならないことが多いです。クーポンが利用できる回数についてもそれぞれによって大きく異なります。

見せるタイプのクーポンであれば期間内であれば何回でも利用することが出来ます。ただし、他の割引券との併用は出来ないことが多いので、利用時の注意事項を確認しておきましょう。

グローを安く購入したいのであれば、クーポンを利用して実店舗で購入しようとするだけでなく、通販サイトを経由して利用する方法もおすすめです。

Amazonなどであれば公式よりも安価で取引されていますし、保証も利用できるようになっているので初心者の方には購入しやすいと言えるでしょう。

電子タバコのグローはニコチン量が少ないから禁煙しやすいって本当?

禁煙マーク

近年注目されている電子タバコですが、好きなフレーバーをセットする特徴があるため、あえてニコチン量が少ないフレーバーを選択することで、禁煙を目指したいという方を中心に人気が高いです。

電子タバコのブランドである「グロー」には、軽めのメンソールを吸っていたタバコ初心者向けとなっています。

フレーバーが非常に多く、カプセルメンソールといったニコチン量が少なく爽快感の高いメンソールが楽しめる点も人気が高い理由です。

グローのニコチン量は?

タバコの織

グローにはニコチンの含有量の記載がありませんが、これは表示義務がないためであり、ニコチンが一切含まれていないというわけではありません。

グローなどの加熱式タバコはまだ新しいもので、計測するための基準などが整備されていないことによります。従来のタバコは煙に含まれるニコチンの計測をしていましたが、加熱式タバコは蒸気を出すもので煙は発生しないため、測定できないからです。

国内で正規に流通しているリキッドを使用した場合はノンニコチンである、電子タバコとは異なるものなので注意しましょう。

実際にグローにどの程度のニコチンが含有されているかという点について、フレーバーによって異なりますが公式には1~5mgとなっているので、一般的な紙巻タバコと比べても大きな差はないと言えます。

9割カットされていると言われている有害物質の中にはニコチンは含まれていないので、グローを吸っても十分な満足感を得られます。なお、タバコの葉を燃やすわけではなく有害物質のタールについては9割カットされています。

また、有害性はタールの方が大きいので安全性は高いと言えます。しかし、ニコチンは含まれており、依存症になる危険性があるので未成年は利用できません。

グローは禁煙したい人に向いている?

電子タバコのグローは、禁煙したい人に向いていると言われていますが本当に禁煙をしたいのであれば、クリニックを受診して治療を受けるのがおすすめです。

電子タバコのグローは、健康被害なども少ないと言われていますがタバコであることには変わりはありません。

禁煙したい人は、ニコチン中毒になてっていますので少量のニコチンを摂取しながら徐々にやめていくのが好ましいためグローを少量吸って徐々に減らすという方法であれば禁煙に効果があると考えられます。

しかし、電子タバコとは言っても、ニコチンを摂取するものですので好きなだけ吸っていたのでは禁煙をすることが出来ません。

肺などの健康被害が気になるという方で禁煙したい方は、グローを少しずつ量を減らして吸うことで成功することが出来る可能性もあります。

味はタバコと全く同じというものではありませんので、好みでないという理由でタバコから離れることが出来るのもメリットです。

電子タバコのグローは、これまでのタバコと異なり副流煙の被害などの心配も少なく健康被害も多くないと考えられていますが、これだけで禁煙をするのはそれほど簡単ではないと考えておくと良いでしょう。

そのため、段階的に量を減らすことをおすすめします。

グローを吸うとニコチン依存症になりやすい?

普通の紙巻きタバコを吸うよりも、なんとなく健康的なイメージがあるグローなどの加熱式の電子タバコですが、実際にはどうなのでしょうか?

実は、電子タバコは周囲への煙やタールなどの成分が少ないと言われていますが、ニコチンなどの有毒な成分は紙巻きタバコと同様に含まれています。

かと言って、電子タバコの方が紙巻きタバコよりもニコチンを摂取しやすくなるのかと言うと、そうではありません。ニコチン依存症になりやすい人の特徴としては、紙巻きタバコと電子タバコを併用して吸う人であるとも言われています。

なんとなく電子タバコの方が健康的なイメージがあるからと言って、普通のタバコと併用してたくさん吸ってしまうことで、知らないうちに普段よりもニコチンの摂取の量が増えてしまい、依存症になってしまうという可能性があります。

大切なのは、電子タバコにも紙巻きタバコと同様にニコチンや有害物質が含まれているということを受け止め、吸い過ぎないように意識していくということでしょう。

依存症を防ぐためには、禁煙外来などを利用し、どうしても吸いたくなった際には周囲への影響が少ないグローなどの電子タバコを上手に利用していくことが望ましいでしょう。

グローにニコレスはある?

グローは電子タバコで定着していますが、そのネオスティックはフレーバーの違いも計算に入れると全17種類になっています。他の電子タバコと比較しても味の好みの選択肢が広いのがグローの優れた点で、多くの方にも愛されています。

もっとも紙によるタバコでは燃焼した時に出るタールの量が多いですが、電子タバコの場合にはタール量が少なくなるメリットが存在します。つまりタールという有害物質を吸わなくても済むので、健康面にも優れているメリットがあります。

ただ依存に結び付く成分であるニコチンの量は、ほとんど変わらない点があります。タールの量を減らして、ニコチンをしっかり摂取できる電子タバコがグローの優れた点にもなっています。

実際にパッケージ上でも紙によるタバコのように、喫煙に関しての注意事項を記載している点もあり、ネオスティックでは全種類にニコチンが含まれています。もっとも近年は電子タバコでもニコチンが含まれないレスタイプの種類も増えてきております。

グローの場合はこうしたニコチンが含まれないニコレスの種類のネオスティックは、現在のところ存在しないです。今後はそういったニコレスのネオスティックも登場する可能性もあり、禁煙を実現したい方に好まれる場合もあるかもしれません。

電子タバコのグローは何処で買える?一番安い購入方法は何がある?

グローは正確に言うと電子タバコではなく加熱式タバコです。従来の紙巻きタバコに比べて、有害物質が大幅にカットされているのが特徴です。

有害物質が大幅にカットされているからといって、病気のリスクが大幅に減っているわけではない点に注意です。ほぼ確実に入手可能な購入方法はコンビニかネット通販の2択となるでしょう。

アイコスに続いてグローも全国のコンビニ店舗で購入できるようになりました。ただし、店舗によっては在庫がないこともあるので注意です。一番安いのは楽天やアマゾンなどの大手通販サイトとなるでしょう。

グローは何処で売っている?

加熱式の電子タバコの一つであるグローは、匂いが少なく有害性物質を削減することができ、なおかつしっかりとした味わいもあるなどの理由から人気を高めています。

しかし実際に購入を考えた時には、どこで販売されているのかわからず購入を諦めてしまう人は多いかもしれません。もちろん正規店のグローストアでは購入することができますが継続的に入荷はあっても予約が必須となっています。

なかなか予約が取れない場合が多いですが、その場合は更新のタイミングを狙ったりメンテナンス終了後を狙うようにしましょう。

耳に販売先ではコンビニがありますが、需要が高いということもあり在庫がどんどん減っていてなかなか販売しているタイミングにめぐり合うことは難しくなっています。

コンビニでの販売は、割引価格になっていることもありお得ということは確かですが、入荷も不定期であり入荷しても少量なので販売しているコンビニを見つけたら購入しておくべきです。

通信販売で購入することもできますが、定価よりも高い値段で販売されている傾向が多くあります。近年では低下を下回るものもありますが、販売店により価格には大きな違いがあるので、しっかりと比較してから購入するようにしましょう。

グローを一番安く買う方法は?

グローを一番安く買う方法は、Amazonや楽天市場などのネット通販サイトを利用していく方法がおすすめです。

特にこれらのサイトであれば定期的にタイムセールやクーポンなどが利用できるようになっており、定価が8000円程度のところが、4000円程度で購入できるようになることもあるのです。

ただし、電子タバコとは違ってカートリッジは購入できないようになっているので注意しましょう。カートリッジはコンビニなどの実店舗で購入することが可能です。

ニコチンやタールなどを含んでいるので通常のたばこ税が反映され高くなってしまう点を留意しておきましょう。新型でなくても良い方は、フリーマーケットアプリなどから中古で手に入れる方法も一考です。

バッテリーは使用済みではありますが、新しいものに交換できるようになっているので、長期間の利用も可能になります。ただし、グローは分解して清掃しなければならないので信頼できる出品者から中古品を購入していきましょう。

公式サイトからの購入も可能で、定期的にセールを行っているので、チェックしておくことも重要です。グローは海外でも販売されており、免税店を利用して更に安く仕入れることも出来ます。

グローは吸っていても飽きるから辞めやすい?

グローは第三の加熱式タバコと言われており、普通の葉タバコに比べて有害物質を9割以上カットすることが出来るとあって、健康に良いと言われてきました。

それでもなお、電子タバコがタバコである以上健康に害を及ぼすものであることから、体に害を及ぼすものであることには変わりはないのです。

ただ、グローのような電子タバコの特徴としては、タールが発生しないことから吸引後の後味に紙巻たばこのような特有の臭いが発生せず、後味もスッキリとしています。

この特徴があることから、あとを引かずにスッパリと禁煙に成功する人も続出しているのです。紙巻きたばこの場合、ニコチンに中毒性があることから、それがあとを引くようになっていてなかなか禁煙をすることが難しくなってしまいます。

しかしながら、電子タバコの場合には、タバコを炙ったときの香りがほとんどせず、むしろメンソールの香りのほうが強いことから、中毒性が低いことが分かります。

そのため、グローの場合吸っていたとしても飽きやすく、すぐに吸引を辞めることが紙巻きたばこに比べて容易であることから、ある日突然電子タバコの吸引をやめるという人も多く、禁煙効果も期待することが出来るのが特徴です。

グローで人気がある色は?

加熱式タバコこと電子タバコといえば、日本ではアイコスが人気ですが、最近新たに登場したグローにも注目が集まっています。

グローは他の電子タバコと違って充電時間を必要とせず、加熱時間の40秒ほど待つだけで連続して吸うことが可能で、しかも一体型なので故障もあまりなく、味もムラが少ないというメリットもあります。

そんなグローですが、カラーバリエーションが豊富なところも嬉しいポイントの一つです。

定番カラーとしてはシンプルで使いやすいシルバーカラーですが、他にも女性に人気のモーヴピンクやローズ、爽やかで涼しげなミストブルーやグレーなどもあります。

さらに金色はシャンパンゴールドとそれよりも濃いゴールド、ブラックもストーンブラックとリッチブラックがあり、好みに合わせてカラーを選ぶことが出来ます。

そしてコンビニでの限定カラーも存在しており、これらはどのコンビニでも基本的に期間限定となっています。ただし注意したいポイントとして、コンビニ限定カラーもそうですが、他のカラーも販売店によって取り扱ってるカラーが異なっています。

ちなみに限定カラーはそれだけで人気が集中しますが、それらの中でもセブンイレブン限定のレッドやミッドナイトブラックはとくに高い人気となっているので、売り切れになるケースも多発しています。

電子タバコのグローは使い方がややこしい?使いこなすコツはある?

グローに刺さったスティック

電子タバコのグローは初めて電子タバコを使用する方はもちろん、既に使用している方にとってもややこしい印象に感じずに使用する事ができますが、要点を抑えた使い方を意識すると尚一層グローが美味しく感じられるようになる上に利便性も向上します。

グローは本体に細い形状をしたスティック状のタバコを挿入して使用する様子になるのですが、挿入時に力強く挿入するとスティックが潰れてしまうので、指先を使い優しく回すようにしながら少しずつ挿入していく事が美味しく楽しむためのコツです。

電子タバコのグローは使い方がややこしい?

普通のタバコだと火をつけて吸い込むだけ、でも電子タバコは電気の力を借りる分構造もややこしく難しいだろうと思われてはいませんか。特にグローの場合、とにかく使い方が簡単で使いやすいというのも特徴の一つです。

恐がらないで一度試してみて下さい、コンビニで手軽に購入できます。電子タバコですから、まずは充電を行うことにします。ボタンを押すと丸ゲージの一部・あるいは全体が光ることで充電状態を教えてくれるので参考にしましょう。

付属のUSBケーブルを使うことでトラブルが少なく、充電が上手くいきます。ネオスティックを色の付いたラインが隠れるまで差込み丸ボタンを長押し、すると軽く振動し40秒後に4つのライトがすべて点灯したら準備完了です。

1本のネオスティックで3分半程度は楽しむことが出来ます、普通の紙巻きタバコを吸うようにゆっくりと吸い込みましょう。吸い終わったらネオスティックを取り出して可燃ごみに捨てたら終了です。

フル充電しておけば20本以上のネオスティックが使え、たっぷりと楽しむことが出来るでしょう。故障や使いにくさを防ぐ為にも使用後は定期的にお掃除を行ってください。これも付属のクリーニングスティックを入れてこするだけと簡単なのです。

グローの人気が無いのはどうして?

国内において、グローの人気はまだ充分とは言い難いです。いわゆる一般的なタバコの需要がまだまだ高く、電子タバコの地位は依然として低いままです。その背景にあるのが、日本人とタバコの関係となります。

いわゆる普通のタバコの方がなじみがある、身近なお店で買える、周囲の家族や友人が愛用しているなどの理由から電子タバコにまだ切り替えない愛煙家の人々が多いです。

一昔前に比べてグローを含む電子タバコの知名度は確実に上がって来ましたが、それでも人気は既存の物に集中しており、やはり何十年の前から庶民の親しまれてきた強みがあります。

さらに電子タバコはまだまだ身近な量販店やコンビニなどで扱われておらず、グローに関心はとてもあるけれど購入する手段が分からないと悩む人々もいらっしゃいます。

販売店が少ないと、グローのような魅力的な製品でも世間の中ではあまり人気が出ないのが実情です。まだ電子タバコは危険、既存の物よりも割高といった誤った意見が世間的に流れてしまっているのも不人気の理由となります。

実際はグローは安全性が証明された商品であり、既存の製品よりもむしろランニングコストは安価なのですが、一般消費者のもとまで正しい情報がまだ浸透していない点が目立ちます。

グローを使いこなすコツはある?

紙タイプのタバコよりも軽い吸い心地で匂いも抑えられるなど様々なメリットがあることから、人気を高めているのが加熱式電子タバコのグローです。

比較的リーズナブルでチャレンジしやすいですが、初めての電子タバコとなれば使いこなせるのか心配という人も多いのではないでしょうか?

グローはボタン一つで簡単に操作することができるのが特徴であり、電子タバコ初心者でも気軽に使うことができます。初めて使う時はデータ表示がボタンにしか反映されませんが、説明書を読めば簡単に理解することができるので問題はありません。

グローを使用する上で気になるのが、質量のある空気を吸い込んだ際に、喉に深く重みのある刺激を与えるスロートキックではないでしょうか?スティックを浅めに入れるようにしたり、1度口の中に溜めてから吸うようにするとキック感をアップさせることにつながります。

連続で吸ってしまうと蒸気が温まりにくく、味も感じにくいので少し時間をおくようにしてゆっくり吸うことで、より美味しくグローを楽しむことができます。美味しく感じるのかが重要であり、使いこなすためには自分が美味しいと感じる吸い方をマスターすることが大切です。

グローを使っている人は少ない?

グローは次世代の電子タバコと言われ、最近では女性の利用者が増えてきています。他の機種に比べて後発であることから使っている人はまだ少ないものの、使用するメリットが多いことから利用者が徐々に増えてきています。

特筆すべき点は、通常の紙巻たばこに比べてタールがでないために、有害物質の9割をカットすることが出来るとあって健康に良いと言われているのです。

さらに、灰が出ないので周囲の迷惑にならず、臭いも少ないことから女性に人気なのがグローの特徴です。グローには専用のタバコであるネオとケントスというスティックが発売されています。

他の銘柄に比べてフレーバーが豊富で、15種類以上のフレーバーを楽しむことが出来るので、気分に合わせて選ぶことも可能なのです。

しかも、タバコ特有の香りが押さえられていて、癖が少なくてコクが有り、吸い終わったあとには満足感を得ることが出来るのも魅力です。

グロー専用のタバコであるネオの場合、メンソールタイプのフレーバーが充実しているので、気分をスッキリとさせてくれるのも電子タバコの新たな魅力とも言えるのではないでしょうか?

一度充電をしたら連続して吸引することが出来るため、ヘビースモーカーにも向いています。

電子タバコのグローは害だらけ?発がん性があるから吸わない方が良い?

折れたタバコ

電子タバコのグローですが、もちろんタバコの一種ですから全くの無害という訳ではありません。

禁煙に勝るものはないわけですが、しかし紙巻きタバコと比べるとその有害性は大幅に削減されています。これは、火を使わないという点が大いに影響しており、火を使わないことでタールが大幅に削減されているためです。

発がん性についても同様で、全く無いという訳では決してありませんが、紙巻きタバコと比べると可能性は大きく減らされているということができます。

電子タバコのグローは有害物質だらけ?

骸骨のイラスト

健康のために禁煙を始める人は少なくありません。外では年々タバコを吸える場所が少なくなっていますので、そのような社会的な動きも禁煙に一役買っているようです。

ところで、タバコを止めるのは辛いので、電子タバコに替える人が増えています。有害物質を低減というキャッチコピーや、積極的なプロモーション戦略による効果が大きいようですが、本当に健康リスクが少ないのでしょうか。

電子タバコのグローはどうでしょう。正確には加熱式タバコと言います。両者は何が違うのかというと、加熱式タバコはタバコの葉を使っているのに対して、電子タバコは使っていません。

それでは加熱式タバコは普通のタバコと同じように有害物質がたくさん含まれているのではないでしょうか。確かにニコチンもタールも含まれているので無害とは言えません。ただ葉を燃やすのではなく、加熱するためにタールが9割以上削減されています。

これはかなり大きな健康リスクの軽減と言って良いでしょう。また副流煙がほとんど出ないために、周りの人に対しても優しいタバコと言えます。ニコチンについては、種類によって量が異なります。

グローについては表記されていないので詳しいことはわかりませんが、普通の紙タバコよりは少ないと思われます。

電子タバコのグローは発がん性が10倍?

電子タバコのグローには、発がん性が10倍という噂がありますが、これは正確には電子タバコ全般にあてはまります。また、発がん性そのものではなく、発がん性物質の発生量で、従来の紙巻きタバコと比べた場合の数値です。

この発がん性物質は主にタールですが、燃焼によって発生量が増えるので、実は紙巻きの方が多く発生するものと考えられます。グローだと、数値にすると紙巻きタバコの3分の1程度なので、タールのみなら逆に少なめです。

更に、10倍の量が検出された成分はニコチンで、これ自体は発がん性のない成分とされています。ただ、体内で発がん性を持つという研究結果がありますから、電子タバコを楽しむ際は、念頭に置いておくのが良いでしょう。

成分全体の有害性については、WHOやRDAの検証において、紙巻タバコよりも害が少ないことが確認済みです。全くの無害とはいきませんが、しかし発がん性が10倍というのは明らかに誤りで、それも物質によると結論づけられます。

電子タバコは誕生からまだ日が浅く、長期的に使用した場合の影響は分かっていないので、いずれにしても気をつけておくのが賢明です。リスクを踏まえた上で節度を守り楽しむ、それがタバコ全般に共通する基本ですから、グローも同様に楽しむことが大切です。

グローで出た健康被害は?

電子タバコの一種であるグローは、火を使っていないため紙巻き式タバコと違い副流煙がほとんど出ずに、周囲への受動喫煙による健康被害がほぼ発生しないことで知られています。

つまり紙巻き式タバコより周りへの迷惑が少ないというメリットがあるため、小さな子供がいる家庭の世帯主などが、紙巻き式タバコから電子タバコに切り替えるという話がよく聞かれるのです。

では実際にグローを吸っている側に健康被害がないのでしょうか?

過去に発がん性物質が検出されたというニュースがあったため将来的にがんになってしまう可能性がある、化学物質過敏症という病気を引き起こす危険性があるなどといった、健康被害が実際に報告されています。

タバコなので当然身体には良くなく、今すぐではなくとも将来的には身体に病気が生じる恐れは十分にあるものと捉えておいてください。

しかしこれらの注意点は、グロー以外の全ての電子タバコにも同じことが言えるため、グローのみが極端に健康被害の報告が多いなどということはありません。

健康被害の報告件数は他の電子タバコと同様程度なのだとイメージしておいて大丈夫です。結局のところ、紙巻き式タバコと同じように電子タバコのグローも節度を守って吸うべきだとされているのです。

グローは吸い続けると病気になる?

電子タバコの一種であるグローですが、最近では随分と日本でも普及してきています。その際、通常のタバコよりも害が少なく健康的だという言葉を聞くことは珍しくないでしょう。

実際に加熱式タバコは安全だと、そう思い込んでいる人は少なくありません。しかしこれは、メーカー側のミスリードなのです。もちろんグローも例外ではなく、安心安全に吸えるなどということは全くありません。

つまりグローも吸い続けると病気になる、そう考えておいてください。その根拠としてまず挙げられるのが、電子タバコの特徴です。電子タバコはタバコの葉っぱに熱を加え、そこからニコチンを含む水蒸気を発生させます。

煙ではなく水蒸気を吸引することで、本来の目的を果たそうというわけなのです。ところがどのような形であれニコチンを摂取する以上、依存症のリスクも含め身体に影響が出ないはずがありません。

加えて注目すべきなのは、電子タバコにおける有害物質量です。電子タバコは通常のタバコより圧倒的に有害物質が少ないとされているものの、現実にはメーカー側のさじ加減で数値が公開されています。

ただそもそもの有害度を考えれば、仮にいくらその量を減らそうとも吸い続ければ影響は必至です。よって電子タバコも通常のタバコとほぼ変わらない、そう思っていた方が賢明なのは間違いありません。

グローは加熱が弱いから吸いごたえが無い?買う時の注意点は何?

グローの欠点として、加熱に弱くて時間が短いという点が口コミなどでも取り上げられていました。

加熱に弱いことで吸いごたえを感じる事ができず、なんとなく物足りなさを感じていた人も少なくないといいます。

しかしながら、新たにバージョンアップをしたグローは、加熱時間が30秒長くなり、弱いとされていた部分を克服することができています。

購入にあたっての注意点は、カプセルの交換サインを見落とさないような改良が加えられた点です。

グローは他の加熱式タバコに比べて加熱が弱い?

グローは、他の加熱式のタバコに比べ、加熱が弱いというのは本当なのでしょうか?まず、加熱式タバコでグローと並ぶぐらいに有名なアイコスですが、こちらは加熱式のブレードというものが搭載されています。

加熱の温度としては、350度ほどと言われています。一方グローには加熱式のブレードはありません。加熱の温度は240度ほどと、確かにアイコスと比べると少し温度は低くなっています。

予熱の時間もアイコスの方が短いという特徴があります。ただ、ブレードがあることで焦げ付いて掃除がしにくくなってしまったり、途中で折れてしまうという可能性もあるかもしれません。

なので、グローのようなヒートスティックタイプの方が気軽に吸うことができるというメリットがあります。また、他に低温式のタバコだと、30度や40度のものもありますので、そのようなものと比べるとアイコスとグローの温度差はほとんどないと言えます。

高温式の方がタバコの風味は強く出るという特徴がありますが、その分発生する匂いも強くなるということがあります。

低温式のものに比べるとグローも十分高温式のものとなっていますので、匂いも少し発生するかもしれませんが、普通のタバコに近い風味を感じることができるでしょう。

グローは吸い応えがないから人気が無い?

タバコのような満足感を求めてグローを吸っても、吸い応えがないと不満を述べる人もいるようです。だからといって人気が無いわけではなく、吸い方を工夫することで十分満足できるといいます。

グローに吸い応えがないと感じる理由のひとつが、加熱を始めてからスティックの先端部分まで熱が届くのに時間がかかるということです。

これは熱源が中心にあるためで、それ踏まえて熱が行き渡るようスティックを引き抜きながら吸うようにすると良いでしょう。また、吸いこんですぐに肺に入れても満足感が得られにくいので、一旦煙を口に溜めてから深く吸い込み肺まで届けます。

タバコと同じような吸い方では、本当の満足感は得られませんからこの方法を試してみることをお勧めします。吸い方だけでなく、本体のお手入れも吸い応えに影響しますから注意してください。

使用を重ねることで内部に汚れが溜まり風味も落ちてしまいます。ですからグローの本体はまめに掃除するようにしましょう。付属のブラシがありますが、それでも取り切れないこともあるので、洗剤を使用してキレイにします。

それでも吸い応えがないと感じるのなら、フレーバーを変えてみても良いでしょう。銘柄によって風味が異なるので、いろいろと試して自分の好みのフレーバーを選んでみてください。

グローを買う時の注意点はある?

グローを買う時の注意点として、まず公式サイトで忘れずに製品登録をしておくことが挙げられます。加熱式タバコであり、精密機械になるのですぐに故障してしまう場合もありますが、登録しておけば1年間の補償が受けられるので安心です。

グローはコンビニなどでも販売されていますが、在庫がないことがあるので確実に買いたいのであれば電話で問い合わせておくと良いです。また、どこで買っても同じというわけではないことには注意が必要です。

販売価格や本体の色、キャンペーンの有無など様々な違いがあるので確認しておき、どこで買うのが最も適しているのか比較しましょう。

グローの本体だけでなく扱われているフレーバーの種類も異なっており、同じ系列の店舗であっても地域や店の大きさによって4種類の場合もあれば8種類の場合もあります。グローを買った後に注意が必要になるのが、レシートの扱いです。

不要だと思って捨ててしまった場合、製品登録ができなくなる、故障したときに対応してもらえなくなるなどの問題があるので失くさないように保管しておきます。

もしレシートをなくしてしまった場合、グローを買った店舗で手書きの領収書を出してもらえば対応できます。これには購入代金と店の押印、購入日の記載が必要です。

グローを使うメリット・デメリットは?

加熱式タバコのグローについて、まず使う上でのメリットについて幾つかあげます。これは加熱式タバコの特徴でもありますが、煙と吸い殻に関して強い臭いがしないということがあります。

もちろん完全な無臭ではありませんが、葉を燃焼させないためタバコ特有の鼻にツンとくる臭いがしません。これは喫煙可能な場所でも、吸わない人と同席している場合などに周囲を気にする必要がないので重宝します。

吸った後の掃除が簡単と言うのもメリットです。加熱式なので灰が出ることがなく、吸い殻の片付けは簡単で本体の掃除も付属ブラシで手早くできます。各銘柄の値段が安いことも、愛煙家にとっては大きな長所です。

反対にデメリットをあげていきますと、まず、まだまだ銘柄とフレーバーが少ないということがあります。加熱式タバコ自体がまだ普及している途上ですから仕方ないのかもしれませんが、風味豊かな種類が増えていくことが待たれます。

また、本体が若干重めで慣れるまで少し時間がかかるというのも短所としてあげられます。

従来のタバコは指で挟んで吸っていましたが、グローはたとえるなら飲み物のパックを持つときのような感じで吸うことになります。より手軽に吸えるように本体の軽量化・スリム化が期待されます。

グローはケースをした方が良い?有名ブランドとコラボケースはある?

グローとケース

最近、たばこを吸うのが難しい世の中になってきました。そんな中、喫煙者の中で流行っているのがグローという電子タバコです。

これを使えば他の人への害が少なくなるため、いろいろなところが大好きなタバコを思いっきり吸うことが出来るでしょう。

ただ、女性にとっては見た目が厳ついところがあるので、そのあたりが気になる場合はケースを付けるといいです。可愛いケースが数多くあるので一度調べると良いと思います。

しかし、今の所高級ブランドとコラボしているカバーはないのでまだまだ発展途上と言えるでしょう。

グローはケースで保護した方が良い?

グローは、加熱式タバコの1種で「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン」より発売されています。このグローは、同じ会社から発売されているたばこ製品であるネオスティックを喫煙する為の器具です。

日本では2016年に12月に宮城県仙台市で先行販売された後に、2017年10月に全国発売されました。

フィリップモリス社から発売されており、加熱式タバコの8割位のシェアを誇るとされているアイコスと同じように、タバコの葉を高温により加熱する製品で、高温タイプでは紙巻のタバコに風味が近いと言われています。

アイコスとの大きな違いは、1本吸い終わるたびに充電をする必要がなく、連続して喫煙することが出来る点で大きな魅力ポイントのひとつとなっています。

また、メンテナンスも簡単で、一箱吸うごとに付属の専用ブラシでクリーニングを行なうことが推奨されており、電子タバコ専用クリーナーを使用するとより完全に綺麗にヤニ汚れやニオイを取り除くことが出来ます。

グローはそれを収納出来る専用ケースも販売されています。おしゃれなものや革製品のものなど、様々なデザインのものがあります。

ケースに入れるとグロー自体の保護が出来るのはもちろん、リングが付いていたら落としてキズが付くことが少なくなったりするメリットがあると言えるでしょう。さらにブラシなどの小物も収納出来るタイプだと、まとめることが出来て便利です。

グローのケースは有名ブランドのコラボもある?

グローをたしなむ方の中には、おしゃれ感覚を追求される方もおり、その収納するためのケースにもこだわりを持つ方も増えています。素材にもレザーを使うなどして、高級感を感じられるケースなども製造され、販売されているのも事実です。

グローのケースを購入する方法としては、通販サイトによる方法が存在しますが、そこでは有名ブランドのコラボが存在するのではないかと思われがちかもしれません。

しかしながら検索してみると解るように、意外と有名ブランドとコラボしたケースは存在しない特徴があります。

その理由は加熱式タバコであるグローであっても喫煙には他ならないことで、世界的な禁煙ブームにありながら、喫煙を推し進めてしまう点があるので、有名ブランドもコラボしにくい点が存在します。

つまり大々的にグローを収納するケースを有名ブランドが製造してしまったら、非喫煙者の反対運動が起こってしまう理由もあります。ただ通販サイトでは高級素材を用いたり、独特のブランドをモチーフにしたデザインのグローケースが販売されています。

既存の有名ブランドの名でのコラボは将来的にも難しい可能性も高いですが、グロー関連商品から専用のブランドが登場することもあり、将来、有名になる可能性は十分に考えられます。

グローの本体をデコるのは機能に問題ない?

グローは本体のカラーバリエーションが豊富です。公式サイトからでもいくつもの種類から選ぶことができ、全国区で営業をしているコンビニエンスストアでもお店別に特別バージョンのカラーのモデルも販売されています。

グローは比較的本体の面積が広いので、持ち歩く際には本体に何らかの加工を施している方も多い傾向にあります。本体はケースの役割も持っていることから、独自性のある見栄えに変えることでアイテムとしての品格を保つことができます。

グローの本体に加工するには機能性について問題になるのではと考える方もいますが、例えばカッティングシートやラッピングシートなどを利用して飾る方法であれば一切の問題がありません。

公式サイトでもケース用のカバーが沢山販売されていて、本体の魅力を発揮させながらも、オリジナル性を高めるためのアイテムは人気です。このカバーについては一定の厚みがあり、それなりの耐久性を誇っています。

公式でもこのような本体用のカバーが販売されているので、普通のシートやシール、パソコンで作成してプリンターで印刷できる耐水用のペーパーを用いても機能に問題が起きてしまうことは考えにくいと判断できます。

ですので普通の範囲であればグロー本体のデコレーションは十分に可能です。

100均のグローケースはサイズが小さめ?

電子たばこのグローは、豊富なフレーバーとスタイリッシュな外観が魅力となっています。公式サイトではオリジナリティーあふれるデザインの販売も行っており、ファッション性も高い電子タバコだともいえるでしょう。

グローには本体以外にもアクセサリーが用意されており、その中でもグローを愛用している人の購入率が高くなっているのが本体を保管することができる持ち運びに便利な「専用のケース」で、通販ショップで様々なデザインやカラーのものを購入することができます。

しかし、人によってはケースにできるだけお金をかけたくない人もいるかもしれません。そういう方におすすめなのが、「100均一ショップ」での購入で、グロー本体がおさまるケースがいくつか販売されています。

100円というお値段なのでグロー本体に対してのサイズ感が「ぴったり」というわけにはいかないのが現状で、モノによってはサイズが小さめだったり、大きめだったりします。

性格的に「ケースのサイズ感があっていないものは嫌だ」と感じる人には向きませんが、グロー本体の傷を防ぐことを目的としている人ならば、100均一ショップで購入できるケースでも十分な機能性を満たしてくれるでしょう。

グローのネオから新フレーバーが登場?やっぱりブーストが人気ある?

グローとネオ

グローのネオから新フレーバーが登場して話題を集めています。人気のブーストからは、新しいフレーバーのネオブーストアクアプラススティックが登場しました。

爽やかなミントが特徴で、カプセルを潰してさらに清涼感を楽しむことが出来るようになっています。メントールの爽やかさをとことんにまでこだわった新フレーバーは、女性の間で人気を集めているようです。

もう一つの新フレーバーは、柑橘系なので気分転換に最適な香りを楽しめます。

グローのネオはどんな味がある?

人気の加熱式タバコ、グローにはネオ(neo)があり、順次新フレーバーが追加され、2019年5月現在8種類の味が用意されています。

ダーク(青)・ロースト(茶)・フレッシュミックス(緑)・ダークフレッシュ(紫)などが人気があり、他にはクリーミー(黄)・ブーストミント(緑&黄緑)ブーストベリー(水色&紫)ブーストトロピカル(水色&黄)があります。

なおカッコ内はパッケージに配されたカラーです。人気のものはロースト(茶)で、これはタバコを蒸したような、濃厚な苦味のある煙を味わうことができる点が受けています。

この苦味を弱め、メンソール味を加えたものがダークフレッシュ(紫)で、こちらもグローが用意した、新フレーバーと言っていいスッキリした味で人気があります。

ニコチンの独特の苦味が好みならダーク(青)がピッタリで、こちらは火をつけるタバコの味に一番近いと言われています。ストレートなタバコ味がいいという方には大変おすすめです。

タバコのはっきりした刺激と爽やかさを求めるなら、フレッシュミックス(緑)がおすすめ。強めのメンソール感があり、吸い応えがあります。タバコ感は欲しくないが甘い味が欲しいときはブーストトロピカル(水色&黄)がおすすめです。

これぞ新フレーバーと言うべき味で、色々なフルーツが合わさった独特の味があります。とにかく甘い味が欲しいという際にはピッタリな味です。

グローのネオの新フレーバーは何種類?

グローの新フレーバーは二種類追加されました。ひとつはミントの清涼感のあるメントールタイプ、もう一つは搾りたてのライムを想像できる爽やかなタイプです。

いずれも2019年5月19日より販売されており、シトラスの方がメントールとライムの香りが組み合わされているので人気が高いです。どちらも夏向けの涼しげなタイプで爽快感を味わいたい方におすすめできるでしょう。

これまでグローは様々なタイプのフレーバーを提供してきましたが、今回販売された二種類の製品はいずれも従来製品に比べて爽快感が高い点で大きく異なっています。

すぐに涼しさを感じたい方はシトラスタイプを利用し、ゆっくり清涼感を感じたい場合はメントールタイプがおすすめできます。

シトラスタイプはライムの香りが広がる甘みの多いタイプなので、辛味のメントールが好きな方にはあまり向いていないでしょう。新型のフィルターも採用されており、従来よりも濃い味を楽しむことが出来ます。

この二種類のフレーバーはグローで利用可能で、他の加熱式タバコよりも煙が出やすく味も濃くなっているので強いタバコを求めている方におすすめできるでしょう。もちろん新フレーバーのシトラスタイプも味が濃くなっていて清涼感を手に入れやすいです。

グローはブースト系が人気?

グローに新フレーバーが登場し、ミント・プラス・スティックやベリー・プラス・スティックなどがあります。カプセルが埋め込まれたことが特徴的なブーストシリーズですが、様々な味を体験することが可能です。

例えばミント・ブーストはやや冷たいしたミントの冷涼感を味わうことができ、カプセルをつぶすと更にミントの爽やかな香りを楽しむことができます。定番フレーバーでいろいろな人が愛用しています。

ベリー・ブーストはミントの心地良い爽快感を味わうことができ、更にカプセルをつぶすとベリーのような新鮮な香りを体験することが可能です。ベリー系のカプセルメンソールで、カプセルを潰さずに吸うといろいろな違いを把握することができます。

たばこ感を味わうことができ、味が長持ちしたりいろいろな点において改良されています。カプセルを割るとミント感が強過ぎるという人もいますが、グリーンガム風の味になっているので最初からカプセルを潰してから楽しむ方法もあります。

様々な新フレーバーが登場していているので、自分のお気に入りを発見することができるでしょう。価格がやや安めに設定されているものもあるので、コストを抑えて気軽に楽しむことができます。

グローのブーストは美味しくない?

グローは次々と新フレーバーを導入して、愛好家を飽きさせないような工夫をおこなっていますが、肝心なのはその味です。いくらさまざまな味が出ていても、美味しく吸えなければ意味がありません。

各所で評判を聞くと、グローのブーストを試した感想というのはいろいろ出てきますが、おおむね評判は良いようです。ブーストの新フレーバーの中でも、特に人気の高いものの一つにベリーブーストというものがあります。

ベリーと聞くと少し甘すぎるのではないかという印象を持つ人もいるかもしれませんが、この新フレーバーはベリーの香りはしっかりと楽しめるものの香りは強すぎず、ほのかな香りとメンソールの爽やかさが楽しめる人気の高いフレーバーになります。

また、このベリーブーストよりも爽快感を楽しみたいという人におすすめの新フレーバーがミントブーストです。ベリーブーストよりも強烈なメンソールの風味は、グローにこれまでにない刺激を求める人を中心に支持を集めています。

また、仕事の合間などに能を活性化させたいなどという際にも適しており、使いどころの多いものともいえるでしょう。次々と発売されるグローの新フレーバーを、あなたも楽しんでみませんか?

グローでクールが吸える?グローのクールの新フレーバーとは?

グローのクールスティック

グローではケントブランドのネオスティックが主流ですが、新フレーバーとしてクールブランドのメンソールが発売されています。

「ネオスティックブーストミント」という名称で、2018年の3月より宮城県内で限定発売が始まりました。その後全国発売が開始され、現在ではコンビニなどで購入する事が可能です。

紙巻タバコでも人気の高いクールのメンソールがグローでも吸えるようになったため、多くのユーザーから注目を集めている事が特徴です。

グローのスティックはケントだけじゃない?

グローは専用のネオスティックを使用して吸う事ができますが、そのブランドは当初よりケントが発売されています。

アイコスはマルボロ、プルームテックはメビウスといったように、それぞれの加熱式タバコでは自社のブランドで展開している事が特徴です。

そのような中でグローでは、加熱式タバコの新ブランドとして「neo」を発売しました。この加熱式タバコの専用ブランドという試みは業界初となっており、ユーザーに新たな選択肢を増やしている事が魅力です。

そのneoは数々の新フレーバーを発売しており、さらに進化した加熱式タバコを体験する事ができます。

様々なフレーバーの中でも「ブースト」と名の付いたタイプでは、内蔵されているカプセルを潰す事によって、さらに味わいを変化させる事ができるのが特徴的です。

そしてグローでは、さらに紙巻タバコ業界でも高い人気を誇る「クール」ブランドを発売しています。ファンも待望のクールがグローのラインナップに加わる事で、新たなユーザーの開拓を図っているのです。

このクールは発売当時は宮城県での限定販売でしたが、その後全国でも販売されるようになり、主なタバコ店やコンビニなどで購入できるようになりました。グローはケント以外のブランドも用意されている事が特徴となっています。

グローのスティックはクールもある?

近年人気を高めている加熱式電子タバコのグローですが、以前はクールが販売されておらず、それがネックとなり諦めていたという人も多かったです。

しかし新フレーバーとしてついにクールが販売されるようになりました。グローで販売されているフレーバーのクールは、クールなの定番のカプセルが搭載されているのが特徴です。

紙巻タイプのタバコでも販売されている、カプセルタイプであり、メンソールの強さやフレーバーを変化させて楽しむことができます。グローの発祥地である宮崎県で先行販売されており、テスト販売が終了したら全国販売になるとされています。

コンビニでの購入や通販で買うことができないのかと考える人が多いですが、グロー自体がかなり人気となっており、コンビニでは在庫が追いついていない状況が続いているので、そう簡単には購入できないと頭においておくべきです。

グローのスティックでクールが加わったことにより、選択肢もより多くなり様々な味を楽しむことができるようになりました。

クールが好みという人にとっても、一般的なタバコの味と変わらないクールを楽しむことができるのは、大きな魅力でありこれを機にグローを購入するのも良いと言えます。

グローのスティックのクールはコンビニ限定?

グローのスティックの新フレーバーはコンビニ限定で発売されていますが、新しい味としてクールが発売されてます。

主な特徴は定番のカプセルが搭載されていて普通の紙巻煙草も販売されているカプセルタイプで、フィルターに搭載されているカプセルを潰すことでメンソールの強さを変えたりフレーバーを変化させます。それが加熱式煙草でも味わえるのがネオスティックです。

ひんやりとミントの清涼感を感じられて、カプセルを潰すとさらに強いミントの冷たさが突き抜けるような感じです。潰すことでミントが強まる効果があるので、味わいではそのままで喫煙する味と潰すことでもっと清涼感がある味も楽しめると2度美味しいです。

すっきり爽快感が好きな喫煙者には大変うれしい商品でもあります。加熱式電子タバコのグローが発売開始されたときは、宮城県仙台市限定でそれから全国へと発売がはじましました。発売当初はグローの人気はとても高く、限定で発売されていましたが直ぐに全国展開されました。

クールも最初は宮城県限定の新フレーバーでしたが、早い段階で全国展開をしてます。既に色々な味のスティックが発売されていて、どれも拘りがあってそれぞれ特徴が違いますがそれに新たに加わりました。

グローのスティックのクールは何種類?

副流煙がほとんど出ないことで一気に注目を集めた加熱式電子煙草「グロー」は、スティックを選ぶことでさまざまな味を楽しむことができる仕様となっています。

2017年12月の発売開始時には8種類だったスティックですが、2018年6月には11種類に、のちに新銘柄となる「ネオ」では6種類のフレーバーがさらに加わりました。

グローのスティックのうちクール系は何種類あるのでしょうか。中でも特筆すべき新フレーバーは「KOOL」です。タバコの銘柄「KOOL」から生まれたグローのネオスティックとして生まれ、仙台にて先行発売となりました。

クール系の中でもカプセルメンソールと呼ばれる種類で、段階的にメンソールの味を楽しむことができるようになっているのが特徴です。

他にも、メンソール系では「インテンスリー・フレッシュ」をはじめ3種類が、フレーバーメンソール系としては「シトラス・フレッシュ」を筆頭に3種類が揃いました。

また「KOOL(ブースト・ミント)」に加え「ミント・ブースト」「ベリー・ブースト」の全3種類が、カプセルメンソール系に属しています。他の加熱式煙草の中でも、グローではクール系の新フレーバーは多めだと言えるでしょう。